2010年5月22日(土)、青森市の県民福祉プラザで行われた板橋かずゆきさんのコンサートの一部を、インターネットでライブ配信するお手伝いをさせていただきました。

以前のエントリー(5月22日(土)板橋かずゆきさんライブの一部をUstreamでネット生中継します)でコンサートをライブ配信することをお知らせしましたが、それをアップしたのはコンサート前日のことでした。というのも会場にはネット回線がなかったため、私の持っているモバイル用端末とカメラの装備で本当に配信ができるかどうか分からなかったこともあり、コンサートの2日前に会場を下見してテストをする必要がありました。

テスト時には今回のコンサートを板橋さんと一緒に回られている桜田まことさんにも協力していただき、配信具合のチェックをしていただきました。映像の画質はかなり厳しいですが音声にはほぼ問題ないだろうということで「GOで!」ということになり、それから告知を流しました。

画像:PCとカメラセッティング裏方の話であれなんですが、当日は昼頃会場入りして場所とカメラのセッティング。リハーサルを参考にテスト配信や録画を延々と繰り返し。

やはりネックは回線で、ネット配信するサービス「Ustream(ユーストリーム)」を行っている最中はちょっとしたネット閲覧も配信に負荷がかかり映像が止まる可能性が分かったので、普段起動しているソフトを全部オフにしたりブラウザも極力ウインドウを立ち上げずにいるなど細かい調整を行いました。

逆に言うと会場で高速の回線につなげられれば、もっと高画質で安定した映像配信ができたと思います。カメラ機材の環境も整えれば更に良くなるかなと。そんなこんなで開場が始まる17:30まで延々とテストを繰り返しました。

画像:リハーサルの様子ちなみにこの日板橋さんにはNHKラジオやBS日テレの取材も入っていて、終始カメラが板橋さんと桜田さんを捉えていました。BS日テレはキズナのチカラという番組だそうです(1回目は6月4日(金)午後10時から放送)。

リハも時間をかけて行われていましたが、板橋さんも桜田さんも本番さながらの全力投球で、見てるこっちが本番前に疲れないか心配になるほどでした。でもご本人たちは楽しそうに、かつ入念に音のチェックをされていました。

映像のネット配信はコンサートが始まる10分前くらいから開始。すると徐々に閲覧ユーザー数が増えて、常時14,5人の方が見てくれていたようでした。ちなみに映像を配信していたページでは、twitterアカウントを利用してのチャットに参加してくれた方々もたくさんいて、映像の配信具合や曲の感想などをリアルタイムに投稿してくださいました。こちらからも会場の様子や板橋さんと桜田さんのMC中の言葉を断片的にですがtwitter経由で投稿したり、今流れている曲を投稿したりしました。

映像についてはコンサートということで照明の変化があるせいか、途中ものすごい色味になったりしました。この辺は映像の技術的な部分になるのかお手上げでした。といっても配信を途中で止めるわけにもいきませんし、音声はほぼ順調に流れていたと思うのでそのまま配信を続けました。

ちなみにコンサート中の私や映像を見てくれていた方々のツイート(twitterへの投稿)は、twitterのハッシュタグ「#itakazu」で統一していたのでそちらの方からご覧になれます。

板橋さんのコンサートに参加したのは初めてだったのですが、最初から胸打つ感じで。1曲目からあちこちで涙をぬぐっている方々を見ました。桜田さんと板橋さんのやり取りも、楽しい話から「こんなことがあったんだ」というような話まで色々で。2時間はあっという間に過ぎていきました。

ネット配信した第1部はトータルで5,60人の方に見ていただけたようでした。私の知り合いも初めての方もツイートでメッセージをくださり、ありがとうございました。第1部については後日期間限定で再度公開するかもしれません。

今回は会場の設備やカメラ等の懸念もたくさんあり、配信時の映像も決して良いとは言えませんでしたが、「雰囲気は伝わってきました」というコメントをいただけて良かったです。今回は板橋さんの知り合いの方やNHKの方もお手伝いや取材で一緒の会場にいましたが、皆さんUstに興味津々という感じでした。また機会があれば、声をかけていただければネット配信やりに動きたいと思っています。

ちなみになんですが、最近twitterやUstreamといったソーシャルメディアを利用するにつれ、アクセシビリティや障碍者の方にも有益なツールだと考えています。この辺りの気づきについてはまた後日触れられたらと思っています。