講習・交流会の様子

2017年2月4日(土)、「視覚に障害のある方向けiPad講習・交流会」を弘前で開催しました。

いつも参加してくれている全盲と弱視の方も含めて、参加者全員がiPhoneユーザーという、iPhoneユーザーのための集まりみたいになりました 笑

話題もiPadよりiPhoneネタが多くて、Apple Pay(iPhoneのおサイフケータイ機能)やAirPods(ワイヤレスイヤホン)の便利さとかから、ガラケータイプの外付けキーボードの不具合を調べたりとか、みんなで賑やかにやりました。

弱視の方は屋外でiPhoneの画面が見づらくなるそうで(日光の具合)、外に出た時にiPhoneが操作しにくいと話されていました。

一方で「メールを打つ時はキーボード入力じゃなくて、音声で入力した方が早いのでそうしてます」という話が出て、弱視の方から「じゃあ屋外ではSiriを使えばよさそう」という気づきがあったりして。

また、いま何時かを知りたい時にiPhoneのホーム画面上に出ている時刻表示や、時計アプリ(実は今の時刻になってる)の時間では小さ過ぎて見えないという話も、「今のiOS10なら、画面オフ時にiPhoneを自分に向ければ自動で画面が点灯して、大きなサイズで時間が表示されます」とか。こういう些細なことも便利に使える場合もあったりですね。

いろんな人が集まって話をしてると、一人では気づけない面白いことや役に立つことが知れていい機会なんじゃないかなと思います。