これまで見てきた三つのキーワードごとに、「JIS X 8341-3:2010」の特徴をまとめると

国際協調

  • 達成基準がWCAGと同一
  • WCAG WGが開発した諸資料やWCAG 2.0用のツールを流用できる
  • グローバルサイトの運営がしやすい

非技術依存

  • ウェブコンテンツ技術(HTML, CSS, FLASH…)とその実装方法を含まない形で規定されている
  • だからRIA(Rich Internet Application)などの新技術にも対応できる(はず)

テスタビリティ

  • 試験方法も規格化されている
  • チェックツールあるいは専門家、ユーザによる客観的判断が可能(のはず)

また、WCAG 2.0にないJISだけの特徴として、

  • サイト開発プロセスの各段階で配慮すべき事項を箇条6で規定
  • 箇条8の試験方法は,欧州の考え方も取り入れている

より詳しい解説はWAICの「JIS X 8341-3:2010の概要」をお読みください。(ページをPDFで書き出し、iPadなどに入れておくと便利です)

ここまでで、改正JISの大まかなアウトラインはつかむことができたでしょうか。次回からは、最初にかかげた三つのテーマごとにセミナーの内容まとめていきたいと思います。

三つのテーマ

  • 理解と普及(渡辺さん)
  • 実装方法(植木さん)
  • 試験方法(梅垣さん)