Webアクセシビリティに関する国内規格「JIS X 8341-3」、通称WebJISの改正・公示が2010年8月20日に決まりました。

2年前の2008年末にはWebの国際規格であるWCAG2.0が公示され、日本のWebJISもそれに合わせて間もなくという雰囲気だったと思いますが、年を経てようやく新しくなるとのことです。関係者の皆さまは本当に大変なことだったと思います。

これに合わせて新しいWebJISを学ぶセミナーなども開催されるそうで、予定が合えばぜひ参加してみたいと思っています。東京は遠いですが…。

すでにWCAG2.0の翻訳版など参考資料に目を通していますが、公示されたらちゃんとチェックし、誰もが使いやすいWebサイトの制作とサービスに活かしたいと思っています。