画像:ラジカセ

iPhone(アイフォン)や近く発表されるのではないかと噂されるAppleのタッチパネルPCから、銀行のATMで使われているタッチパネルなど、平面のディスプレイをタッチして操作する機会が増えてきました。

iPhoneなどはその形やデザインもさることながら、薄さ、軽さなど携帯デバイスとして非常に魅力的です。ユーザが操作するボタンなどのインターフェイスも、各アプリケーションによって自由に配置や機能を変更できるタッチディスプレイ式のメリットを活かしています。

しかし、視覚障害者の方にとってはかえって使いにくい場合があるそうです。というより正直使いにくいそうです。

画像:携帯ラジカセ視覚障害者で私(高森)と一緒にWebアクセシビリティの講演を行ってくださっている、全盲のシンガーソングライター板橋かずゆきさんとお話しした際にたまたまそういう話になったのですが、板橋さんからするとタッチパネルディスプレイ式のデバイスは、視覚はもちろん指先の感覚も同じなので操作することができないそうです。かえって昔のラジカセのように、ボタンを押した際に凹凸が分かったり、指先でボタンについているマーク(再生か録音かが判断できる形状)がある方が使いやすいそうです。

なるほど確かに、晴眼者でも目をつぶってiPhoneを操作しようとしたらかなり難しいと思います。アナログな仕様の方が人によっては使いやすい場合もあるということですね。

一方で、全盲でありながらiPhoneを使ってみている方もいらっしゃいます。Web制作会社ミツエーリンクスのアクセシビリティエンジニア、辻勝利さんは、iPhone 3GS(アイフォン・スリージーエス)が発売されたと同時に購入されたそうで、それまで使っていたドコモのらくらくホンプレミアムからiPhone 3GSに乗り換えてみたそうです。

全盲でも、画面のレイアウトが頭に入っていればタッチパネルを操作することは可能だと辻さんは話しています。もちろん視覚障害者にとって使いにくいは多々あり、全ての視覚障害者にお勧めの機器というわけではないものの、こういった一般向けの機器でないと収拾できない情報や体験があるということもおっしゃっていますね。こちらの詳しい情報は毎日jpのインタビュー「ブラインドタッチでiPhone 3GSを活用」に掲載されていますのでご覧になってみてください。