画像:東奥日報の記事(板橋かずゆきさんのPC操作。写真付き)

4月25日に開催される、青森県で最大級のWeb系イベント「CSS Nite in AOMORI(シーエスエスナイトインアオモリ)」で、地元スピーカーとして講演する私(高森)と板橋かずゆきさんの公開リハーサルを4月18日に行いました。その様子が19日日曜日の東奥日報に掲載されました。以下東奥日報の記事です。

見やすさは?音声は?HP制作者セミナー公開リハ。青森 視覚障害者が実演、助言

25日に県立美術館で開かれるホームページ(HP)制作者向けセミナー「CSS Nite in AOMORI2009」(同実行委員会主催)の公開リハーサルが18日、青森市パサージュ広場で行われた。むつ市在住の盲目のシンガーソングライター板橋かずゆきさんが出演し、視覚障害者のHP利用時の難点や可能性を語った。

セミナーは県内のHP制作者や自治体・企業のHP担当者、ネットショップオーナーなどを対象に、有識者らを招いて最新の事例やノウハウを紹介するもので、今年で3回目。参加者同士の情報交換や交流、異業種間の連携も狙いだ。

板橋さんは音声読み上げソフトを頼りにインターネットを利用。公開リハーサルでは自身のHP更新作業を実演しながら、「音声ソフトが反応するか、色調や文字の大きさ、見やすさは私たちにとって関心事」と指摘し、障害者向けの統一ルールづくりを訴えた。

実行委員会代表の山本章さんは「板橋さんの生の声は、制作する側にとって、より幅広い層に情報を伝えるためのヒント。今回のセミナー本番で関心を集めるはず」と話した。

セミナーの事前申し込みは22日まで延長。申し込みは公式HP(アドレスhttp://cssnite.studiomd.jp/)で。

ということで、我々Web制作者と障害者双方について紙面で取り上げていただきありがとうございます。

当日はリハで出た修正点を加味して、よりブラッシュアップした内容でお送りしたいと思っています。お申し込みがまだの方は今日の17時まで事前申し込み(500円引き)を受け付けていますのでお早めに!