交流会の様子2018年1月14日、今年最初の「視覚・聴覚障害のある方向けiPad交流会」を弘前市民会館で開催しました。

2〜3年前に人財育成講座の受講してくれた皆さんや、活動に興味を持って参加してくださった方、弱視の方などたくさん参加していただいてありがとうございました。

弱視の方は去年人財育成講座の実習にモデルさんとして参加したことをきっかけにiPhoneを購入されていて、昨日はiPhoneをどういう風に使っているか、普通の使い方とはどう違うのかなどを紹介してくれました。

弱視の方の中には光を過敏に感じやすい人もいて、この方も画面を白黒反転にして画面の光の量を抑えたり、文字の拡大機能を使って通常よりもかなり大きな文字サイズにして使うなど工夫されていました。

昨日は意見交換も活発で、「ケータイショップに障害者が行っても、障害に合わせた説明をしてくれるところが少ない」という意見には、ケータイショップと自分(高森)が連携を取ってサポートできるようにすれば、障害のある方はスマホやタブレットを購入することもできるし、ショップ側も利用者が増えるので双方にメリットがあるのではというアイデアも出ました。

実際に講習会でiPhoneやiPadの紹介をすると「iPhone欲しくなりますね」とか「講習終わってから買いに行ってきます」という方はけっこういます。でもいざショップにいくと上のような壁に当たってしまうことも多々あるようですし、いざスマホやタブレットを購入できたとしても、その人の障害に合わせた設定が行えないと、買ったのに使えないというもったいないことになってしまいます。

そういった問題は意外と解決できる可能性があるし、良いことの方が多いような気がするので、何らかの形で実現できたらなと思います。

交流会は二時間でしたがあっという間でしたね。楽しい会になって良かったです。皆さんありがとうございました。

交流会はどなたでも参加いただけます。直近の交流会は以下の予定ですので、興味のある方はお気軽にご連絡ください〜。

・1月27日(土)13時〜15時 五所川原市立図書館
・1月28日(日)10〜12時 弘前市民会館
・2月3日(土)13〜15時 五所川原市立図書館
・2月4日(日)10〜12時 青森市 アピオあおもり
・2月17日(土)10〜12時 青森市 アピオあおもり