主に視覚障害者の方向けソフトとしては、スクリーンリーダーと音声ブラウザが知られています。ちなみにこの二つの違いはご存知でしょうか?

スクリーンリーダーとは、パソコン(PC)の画面操作を音声で読み上げてくれるソフトです。主にWindows用のソフトが多いですが、Mac用ではMac自体がサポートするスクリーンリーダーもあります。が、こちらは2009年2月現在で日本語化はされていません。

スクリーンリーダーが担う役割は、単にPCに表示されたものを読み上げるというものではなく、スタートアップからどのアプリケーションを選択するかや、フォルダの選択、編集中のファイルの保存など、様々な機能を持っています。

主なスクリーンリーダーとしては、

などがあります。

また、音声ブラウザとはその名の通り、主にインターネットを閲覧・使用する際に用いるソフトです。スクリーンリーダーの中には音声ブラウザの機能を兼ねたものもありますが、対応していない機能も多いため、通常はスクリーンリーダーと音声ブラウザを併用することが多いようです。

主な音声ブラウザとしては

などが挙げられます。

ユーザの多いスクリーンリーダーや音声ブラウザなどについては別の機会に取り上げたいと思います。